火葬の費用すら持っていなくて、どうしたらいいかわからず放置したという事件が実際ありますが、法律で「死亡届の提出」「遺体の火葬」を義務付けられているので、放置すれば当然処罰されます。お金がなくても故人を送ってあげることができますので、ご安心ください!

遺体の処分の流れ

葬儀はしなくても問題ありませんが、遺体の処分は法律に従わなければなりません。流れとしては

死亡時に死亡診断書が交付される⇒死亡届を提出⇒火葬許可が降りると火葬許可証が交付されるので、その火葬許可証と遺体を持って市の火葬場で火葬

当然、火葬料がかかります。都道府県によって多少違いがあるかと思いますが、私の地域では火葬料は8000円です。市民以外は3万9000円です。(大人の場合)

火葬の費用がないときはどうすればいい?

最低限の火葬だけでも葬儀会社に頼むと遺体の搬送骨壺の費用が発生するので20万円ほどかかります。上記に書いた流れのように自力でやる場合は1万円ほどあればできますが、なかなか大変です。

火葬の費用すらない場合は、市役所に相談して申請すれば、最低限の火葬の費用などは公的資金を受けることが出来ます。私は公的資金の申請をしたことがないので絶対とはいい切れませんが、公的資金を利用する場合、税金の滞納があると受けられないことがあるかもしれません。(滞納があると住宅などの補助金の申請は絶対に通りません)火葬に関しては絶対にやらないといけないので、火葬に関しては、もし税金を滞納していても問題ないと思いますが。

 

⇒全国対応・低価格で追加料金一切不要のお葬式【小さなお葬式】資料請求はこちら

 

火葬が終わっても、墓や納骨堂を利用するお金がない場合

火葬が無事に終わっても遺骨をお墓や納骨堂に入れることと思います。(海洋への散骨は家族のみで行う場合でも船のチャーター代を含めて20~30万円かかります。)

さすがに行政もそこまで面倒を見てくれませんが、遺骨があると困るという方はゼロ葬を選ぶのもいいかもしれません。

⇒お墓や永代供養墓をお探しならこちら(資料請求や見学の予約ができます)【無料】

 

ゼロ葬とは

ゼロ葬とは火葬したあとに収骨をしないスタイルになります。トラブルを避けるために火葬場に収骨をしなくてもいいか確認をとってください。

収骨をしない場合、火葬場で処理してくれます。(火葬場には収骨で残った骨を埋葬する建物があります)

火葬をする際、最後のお別れをしてからスイッチを押して見送りますが、収骨をしない場合、そこで解散となります。(わざわざ見たいと思う人はいないというのが現実のようです)