葬儀の費用を亡くなる前にもらうと、損をすることになるかもしれません。亡くなる前と亡くなった後とでは、なにが違うのか分かりますか?

 

葬儀費用を亡くなる前にもらうと損をする理由

葬儀費用を亡くなる前にもらうと損をするかもしれない理由は、贈与になるからです。ただし、110万円以内であれば贈与税はかからないので、受け取っておいても問題ありません。110万円以上の葬儀費用を事前に受け取る場合は、ひと手間掛けて税金をかわしましょう!

葬儀費用を事前に受け取るなら、絶対にすべきこととは

葬儀費用を事前に受け取る場合、お金と一緒に受け取っておくものがあります。

そもそも葬儀費用は遺産から控除されるので、相続税はかかりません。それなのに、事前に葬儀費用のお金だけ受け取ってしまうと、贈与税がかかってしまいます。そうならないためには一筆「葬儀費用として○○○万円預けた」と書いてもらっておいたほうが無難です。どのタイミングで受け取ったかどうかを証明する必要性に駆られることはないと思いますが、万が一ということがあります。110万円以上のお金を受け取る際は一筆添えてもらったほうが無難ですよ!