葬儀費用相続税から控除されるので、遺産から支払うのが普通です。しかし、故人が残した遺産では葬儀費用が足りないといったことは珍しいことではありません。そういった場合、誰が葬儀費用を負担するのか?一般的な例などをあげたいと思います。

 

葬儀費用はどこからだす?

葬儀費用は相続税の控除を受けることができるので、遺産から支払うのが一般的です。相続財産(遺産の総額)が3600万円未満で相続税が発生しない場合でも、葬儀は故人のために行うものなので、葬儀費用を支払った後に残った遺産を財産分与するのが一般的です。(一般的な家庭だと3600万円以上の遺産があることは稀なので、相続税については今回は割愛させていただきます)

⇒葬儀費用の控除についてはこちらの記事

 

葬儀費用が遺産で足りなかった場合、誰が負担する?

葬儀費用が遺産で足りなかった場合、一般的には喪主(同居人)が支払うことが一般的です。私は三男ですが、本家をとったので私が喪主を務め、支払いも私がしました。兄弟がいて、だれも本家をとっていない場合は話し合いにより決めるしかありませんが、費用が足りない分を割り勘が一番穏便にすみます。

しかし、うちはお金がないとか、(ほんとはあるのに払いたくない)と言い出す場合があり、揉めるケースも多々あります。兄弟がいて、故人と同居している人がいない場合、長男(長女)が喪主を務めることになると思います。そういったケースの場合で、葬儀費用が遺産で足りなかった場合「とりあえず建て替えておいて」ということになり、もしあなたが建て替えて支払っても、あとで請求する権利はありませんのでご注意ください!請求するためには借用書をとって、お金を貸し付けたという事実が必要になってきます。

葬儀費用の支払いでもめないためには

葬儀費用の支払いでもめないためには、身の丈にあった葬儀をやればいいのですが。。。故人が生きているうちに財産を把握し、葬儀費用が足りない場合は兄弟でどれくらいの費用を出せて、どれくらいの規模の葬儀をあげられるかを相談しておきたいですね。勝手に葬儀会社と話を進めて、「足りないから○○○万円くれ!」といっても、相手は納得できないでしょうし、兄弟がほんとうにお金を持っていない場合もありますしね。

叔父の葬儀はこんなでした

叔父は小さい頃に両親をなくし、兄弟もいません。普段から大酒飲みで、家庭にろくにお金も入れずに、自由気ままに生きる人でした。この叔父が亡くなったときに、私が家に行った際に叔母から通帳を見せられました。

叔母は苦笑いしながら、「下手に遺産を残して一家離散した家もあるけど、これじゃ揉めようがない!自分の葬儀費用くらいは残しておいてほしかった。」と言って見せられた通帳には、たったの380円。

仕事を早期退職して、個人のタクシードライバーをしていましたが、今どきの小学生ですらもっとお金持っているでしょう。幸い?叔母は養護学校に勤めていたので多少の蓄えはあったようです。

叔父の葬儀は、家族葬ですませたので、40万円もかかっていないとのことでした。叔母はなんども離婚を考えたそうで、遺品整理ついでに家の整理をしていたらでてきた離婚届を私に笑いながら見せました。妻からしたら、お金も家に入れず好き勝手生きた故人にいろいろ言いたいことはあるでしょうが、そんな人生を許してもらえた叔父がちょっとうらやましい気もしました。

立派に人生の幕をおろしたいのなら、お金は残しておかないといけないなと思った次第でした。