葬儀の花を飾るときに、親族一同や孫一同など紙を貼ってありますが、「えっ?私お金出してない」と焦ったことはありませんか?いくら出した?と聞くのもなんか言いだしづらいので、うやむやにしたままにしていませんか?

 

献花の宛名?って花代をもらってなくても、喪主は孫や親戚一同などで飾るのが普通です。葬儀会社との打ち合わせの段階で献花の花をどれくらいにするかきめますが、だいたい皆さんはおかしくない程度に花を飾って全部に宛名を貼ります。なので、献花のお金をだしていなくても、喪主以外はみんな出してないので気にしなくていいですよ。大人ならご霊前(言い方はいろいろありますが)をあげていると思いますので。

お金の話が嫌いな方もおられるとは思いますが・・・
葬儀のときにたくさん花を飾りますが、棺桶にみんなで入れる花も花屋さんで買えば3000円位のものも5000円以上取られます。葬儀会社を通しているので、そこも葬儀会社の利益を上乗せしている感じです。

喪主としては高いからといって花を飾らないわけにはいきませんので、心のうちでは色んな思いがあるものの黙っている気がします。

故人の最後のなので盛大に・・・

という気持ちもありますが、それだけの費用を故人が残しておいてくれないと、一般的に喪主が葬儀費用は負担しますから、見栄を捨ててできる範囲での葬儀にしていいと思います。

ちなみにですが、葬儀は近所や知人への見栄も絡むせいか、近所や友人、知人を呼んでおこなう一般的な葬儀は200万円くらいはかかります。香典で集まるお金なんて、葬儀にかかる費用からしたらたかが知れています。(もっと香典をよこせとかそんな話ではなくて葬儀費用の10分の1くらいしか当てにできません)

話がごちゃごちゃになってしまいましたが、葬儀の花ひとつとっても、葬儀会社を通すとたかくなりますというお話でした。

では、どうするかというと、こちらの葬儀会社の選び方のページを見ていただければと思います。

⇒葬儀会社の選び方はこちら