相続で失敗しないための注意点などについまとめてみました。相続するものはなにもいいことばかりではありません。故人が借金まみれの場合は相続してしまうと人生が台無しになってしまうということにもなりかねません。相続するプラスとマイナスの財産を把握してからどうするのかを決めましょう。

相続の対象になる財産

相続の対象になる財産と相続の対象にならない財産をきちんと知っておきましょう。

相続の対象になるプラスの財産

相続の対象になるプラスの財産はこちら
・土地・家屋・現金・預貯金・債権・貴金属・宝石・絵画書物・家財道具・有価証券・車・借地権・著作権・特許権など。(ロレックスなどの高級な腕時計は相続の対象になります。)

相続の対象になるマイナスの財産

相続の対象になるマイナスの財産はこちら
・借金・住宅ローン・未払いの税金・未払いの家賃・未払いの医療費など(電気・水道、ガスなどの公共料金の滞納については日常家事債務に該当するか否かで相続に関係なく支払い義務が発生します。)

相続の対象にならない財産

相続の対象にならない財産はこちら
・香典・死亡保険金(みなし財産であり、相続税の対象にはなる)・死亡退職金・遺族年金(受給する人の財産)・墓地、墓石など

相続には種類がある

相続する財産にはプラスのものとマイナスのものがありますが、相続は0か100のどちらかをトラないといけないわけではありません。相続の種類について勧めていきたいと思います。

単純承認とは

単純承認とはプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続することです。

相続放棄とは

相続放棄とはプラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合に一切の財産を相続しない場合をいいます。故人の判断で行なえますので、兄弟がいる場合は他の兄弟は相続することもできます。(普通はしないと思いますが)

限定相続とは

限定相続とはプラスとマイナスの財産を両方引き継ぎますが、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を受け継ぐことをいいます。限定相続をすることでマイナスになることはありませんが、債務を返済した後にプラスの財産が残ればそれを相続できます。限定相続の場合は相続人全員の承認が必要になります。

相続をするには?

相続をするには相続の開始を知った日(通常は死亡日)から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをします。3ヶ月間何もしなかった場合は単純承認となり、あとで借金がわかっても逃げることはできなくなります。借金がどれくらいあるかわからないなど、財産を調べるのに時間がかかる場合は熟慮期間と言って相続放棄や限定承認の期間を伸ばしてもらうこともできます。

長文読んでいただき、ありがとうございます。次回からは遺言書や遺産分割協議について書きたいと思います。相続で揉めそうな場合は参考にしていただけますと幸いです。