一周忌の香典の相場は?

一周忌の香典の相場について書いていきたいと思います。

一周忌の香典の相場 参列のみの場合

一周忌に参列のみでの参加の場合の香典は
5000円~1万円が相場となっています。

一周忌の香典の相場 お斎(おとき)まで参加する場合

一周忌にお斎(おとき)まで参加する場合は
会食費を上乗せした1万円~2万円が相場となっています。

参列のみ、お斎にも参加の場合でも、
故人にお世話になっている場合は
5000円~1万円多く包むこともありますが、
無理してまで包む必要はないかと思います。

香典袋の書き方

香典袋には「御仏前」「御佛前」「御供養物料」「御香料」などを書きます。

四十九日の法要までは薄く書きますが、四十九日以降の法要では濃ゆく書いて問題ありません。

香典袋の書き方 濃ゆく書くと失礼なの?

葬儀に参列する際などは香典袋に薄い墨で「ご霊前」などをかきますが、
濃ゆく書くと失礼に当たるのか疑問に感じたことはありませんか?

結論から言うと、私は失礼にはならないと思っています。

香典袋の書き方 薄く書く理由

葬儀に参列した時は香典袋を薄く書きますが、
この理由は2つあり、どちらも昔は墨を自分ですっていたということに起因します。

まずひとつ目の理由は、急なことで墨をすることができなかったということ。
もう一つの理由は、涙で墨が薄くなったということです。

どちらも突然のことに動揺しているという意味があります。

香典袋に濃ゆく書いても失礼に当たらない理由

通夜に参列する場合、喪服などを着ずに作業着などで参列する方も多いですよね。
これは急なことに驚き着の身着のまま駆けつけたという意味があります。

しかし香典袋はうすく書きますよね。
薄い墨の筆ペンを売ってはいますが、滅多に使わないので持っていないという方もいるでしょう。

昔と違い墨を自分でする必要もなく、
毎年年賀状を書くので普通の筆ペンなら持っているということのほうが多いかと思います。

なので濃ゆく書いたからと言って失礼に当たるとは私は思いません。

また、それで怒るひとなんていないと思います。